プロフィール

こんにちは、けちーんです。

私を知っていただきたいと思いますので、自己紹介をします。

まずは簡単なプロフィールです。

 

  • 生年月日:1991/3/21
  • 出身:北海道に東の方(田舎)
  • 現住所:福岡県北九州市
  • 家族構成:妻、長男(H25)、次男(H27)
  • 好きな食べ物:焼肉、ポテチ
  • 趣味:スポーツ全般、読書、ゲーム

 

けちーん誕生

北海道の東の田舎で長男として生まれました。

その後、妹1人、弟2人が生まれ、4人兄弟となりました。

私の生まれた町はど田舎で、更に私の自宅は市街地から離れたど田舎中のど田舎。

周りは原っぱと海に囲まれ、毎日家の目の前の道路で遊んだり、家のすぐ近くの山に遊びに行ったりと好奇心旺盛な少年時代でした。

記憶には残っていませんが、全く言うことを聞かず母親を困らせていました。

まあ、子どもってそんなもんでしょうw

 

 

近所には同年代の友達が何人かいました。

よく、それぞれの家で遊んでいました。

特に好きだったのは、スーパーファミコンとボールけり(缶蹴りのボール版)、山遊びでした。

スーパーファミコンは友達の家でよくしていて、ボール蹴りは私の家でしていました。

山遊びも近所に山がありそこによく遊びに行っていました。

岩がたくさんあるところがあり、そこを基地として遊んでいました。

自然豊かな近隣環境でした。

小学校入学

ど田舎の小学校ということもあり、私の学年は11人でした。

11人と言うと少ないように感じるかと思いますが、私の学校では多いほうでした。

一つ下の学年は3人、一つ上の学年は6人とかなり少ない学校です。

小学1年生2年生の時は自分たちだけでしたが、3年生に上がると複式学級と言いまして、4年生と同じクラスで勉強をしました。

もちろん勉強内容は4年生と3年生とでは違うのですが、先生が前の黒板と後ろの黒板を使って、同じ教室で別々に授業をしてました(先生すごい)。

5年生6年生も複式学級ですので、6学年あるにも関わらず全学年合わせても、4クラスしかありません。

もちろん全校生徒も40人前後とかなり少ない学校です。

そんなド田舎の小学校で活発な少年時代を送りました。

中学校入学

中学校はバス通学となりました。

だいたいバスで30分ほどの距離にありました。

信号ほとんどなしで、30分掛かるので歩けばかなり遠いですw

4つの小学校から集まって来るので知らない人も多くいました。

しかし当時通っていた保育園が、中学校のすぐそばにあるので、保育園時代の知り合いも数多くいました。

中学校になると一学年2クラスと私の経験したことのない世界でした。

私の苗字は「や」で始まるので出席番号は後ろのほうでした。

もちろん席も後ろのほうで、少し前に座る女子の後ろ姿がとても綺麗でワクワクしていました。

すると、消しゴムを落とし振り返りました!

ドキドキ、ドキドキ

 

 

タイプの女性ではありませんでした(最低な男です)。

実際にその子とは中学校時代仲良くなることはありませんでした←

無事に友達も増え楽しい中学校生活を送っていました。

 

何を思ったか1年生の時は、水産研究部という部活に所属していました。

非常に珍しい部活だったのでテレビ取材も来ました。

とても調子に乗っていたのをよく覚えています\(^o^)/

いわゆる黒歴史です汗

その時頂いたクリアファイル(サイン入り)はどこにいったかわかりません。

私はよく知りませんでしたが、有名な方が来ていたので、「もしかしてこれ売れるんじゃね?」とか思っていました。

しかしサインをもらうとき、わざわざ宛名を書いていただいたということもあり、かなり後悔したことを覚えています。

もちろん売りに出すようなことはありませんでしたが・・・。

 

いわゆる陰キャにはならず、楽しい中学校生活を送ることができました。

小中学校は野球部で活躍!?

小学校と中学校では野球をしていました。

小学校に関しては生徒数が少なく、部活が多数あるとチームを組めないという事情があり、男子は野球部、女子はバレー部と強制加入でした。

小学3年生から始めた野球は非常に楽しく、少しずついろんなことができるようになり日々楽しくなっていきました。

人数が少ないということもあり、5年生からレギュラーになることができそこからさらに楽しくなりました。

6年生になると1番ショートと言う響きの良いポジションを与えられました。

ちなみにここが私の野球人生のピークです。

このときはまあまあ活躍してたと思います。この時は・・・。

 

 

中学校に入ると周りの友達たちがどんどん身長が伸びていくのに対し、私の身長は一向に伸びません汗

むむむ・・・。

そんなこともあり、非力な中学校時代の打順はメキメキと下がり最終的には8番バッターでした。

(一番雑魚いバッターの打順)

守備に関してはサードを守っており、まあまあいいポジションだと思いますが、チビの私にはとてつもなく怖いポジションでした。

打撃に関してはチビで非力な私は、打っても飛ばず成績が悪く中学校3年生の頃には、野球に飽きていました。

高校入学

そんなチビな私も高校に入学しました。

地元では一番頭のいい学校です(私の頭がいいという話ではありません)。

地元では高校が二つしかありません。

片方は名前さえ書けば受かると言われている高校です。

なので私の入学した高校は地元で一番頭の良い学校でした・・・。

 

 

元々バイトをしようと思っていた私ですが、友達が多く入部しているというそんな単純な理由でバレー部に入部しました。

ちびの私がやっていいようなスポーツではありませんでした。

しかしめげずに続けました。

するとどうでしょう、身長がメキメキと伸びていったのです!

なんと今では180㎝(ドヤ顔)。

中学校時代の友達に会うと100%驚かれていました。

かなり尻上がりで成長していき、最終的にはエースと呼ばれるようになりました。

弱小高校の・・・。

 

 

部活以外でもなんだかんだ友達もでき、楽しい高校生活を送ることができました。

できなかったのは勉強ぐらいです汗

両親が高卒だということもあり、私にとって大学に行く人というのは滅多にいないものだと思っていました。

しかし、仲の良い友達はほとんど進学しました。

そんな中私の進路は・・・

航空自衛隊に入隊

なんと自衛隊に入隊です。

なぜかと言うと、自衛隊に入隊する際には広報官という方がいて、その方がなんでもかんでもフォローしてくれるんです。

いわゆる就活が楽だったということです。

お国のために精神があったわけではありません汗

 

 

入隊して最初の4ヶ月は教育隊というところで教育を受けました。

埼玉県熊谷市です。

私にとっては未知の世界。

少し電車に乗ると大宮と言う大都会がありました。

根室出身の私にとって大宮はとてつもない都会でかなりの衝撃を受けました。

そのせいか大宮は私にとって、今でも一番好きな街です。

 

 

かなりハードな4ヶ月も過ぎ最終的には好成績を残すことができました。

成績上位数%の人だけがもらえる褒章をもらうことができました(静かにドヤ顔 )。

身長がメキメキと伸びて言った私にとって、周りの同期達は雑魚ばっかでした(失言)。

そんな厳しい訓練を一緒に乗り越えた仲間たちは、今でもたまに連絡を取り合っています。

福岡県の築城基地に配属

私の予定では教育隊が終わった後は、北海道に基地があるのでそこら辺に配属される予定でした。

それがどういうわけか全く逆方向の福岡県。

福岡に向かう新幹線では涙がちょちょ切れていました。

 

 

北海道出身の私にとって福岡県というのは全く想像もできない場所でした。

特に夏の暑さは尋常ではありませんでした。

汗、汗、汗

ただただこれです。

最初の2,3年は特に何もなく平凡に過ごしていました。

辛い訓練を受けながら・・・。

俺氏、結婚する

俺氏、21歳で結婚する。

いわゆるできちゃった結婚ってやつです。

山口県の角島デートの際に報告されました。

今でもよく覚えています。

正直驚くという気持ちがほとんどでした。

そして何より、北海道出身の私は海で遊ぶのが初めてで、日焼け止めクリームを塗ることの大切さを知らず、全身火傷状態です。

真剣な顔で話を聞くも、体中ヒリヒリしていてそれどころではないというのが正直なところでした(最低な男です)。

そのまま勢いでプロポーズをして結婚を決めました\(^o^)/

 

 

そして少し経ってからお互いの両親に報告をしました。

妻の両親にはすでにお会いしたことがあり、少しだけ気は楽でしたが、そうは言っても心臓はバクバクでした。

しかし案外すんなりと報告は終わり、ホッとしました。

長男誕生

何の実感もないまま、出産予定日を迎えました。

しかしおなかの中の子供は、まだ出てくる気はないようでした。

予定日が3月末だったということもあり、むしろ良かったかなと思います。

無事(?)3月は過ぎ、4月4日に長男が誕生しました。

ここでもまた、涙がちょちょぎれました。

なかなかの感動です。

妻よ、ありがとう!!

って確か言ったと思います。確か・・・。

 

 

それから子育てが始まりましたが、右も左も分からずどうにかやっていきました。

親バカ一直線です。

うちの子が一番かわいい、今でもそう思ってます。

ソシャゲにはまる

昔(今も?)大流行していた、ソーシャルゲームにドハマリしました。

無課金では収まらず、課金にも手を出し始めました。

お小遣いは課金に当てる、そんな日々を送っていました。

しかし私はあろうことか、家のお金に手をつけ始めました

最低な馬鹿野郎です。

もちろん妻にはすぐにバレ、こっぴどく怒られました。

それでも私の改心を信じ、今でも一緒にいてくれる妻に感謝です。

私が引き起こした、我々夫婦の一番の修羅場です。

今では私のお小遣いから貯金をし、生活をしております。

当然の報いです。

今のところ私の人生における一番の黒歴史です。

ダントツで・・・。

次男妊娠、そして転職

話は変わり、ありがたいことに次男を妊娠しました。

そこで家族会議を開きました。

今は自衛隊と言う安定した職業ですが、転勤があります。

妻の意向として、「家族は常に一緒にいる」「ポンポン移動はNG」。

ということで、転勤のない仕事へ転職を決めました。

何ら不満のない国家公務員を捨て、サラリーマンを選択する。

私は何ていい夫なんだと、自画自賛していましたw

そこで私は元々興味のあった不動産業界への転職を決めました。

ちょうどその頃、国家資格である宅建の試験の申し込みの期限間近でした。

即申し込みを行い、そこから勉強を始めました。

結果は無事合格で、その翌年1月からは新しい職場で働き始めました。

地場のデベロッパーでマンション販売の営業

特に問題もなく新しい職場での生活も進んでいきました。

上司からも評価され仕事も徐々に増えていきました。

しかし、仕事が増えたこともあり、ややキャパオーバーでした。

パワハラまがいの上司がいたこともあり、私はうつ病になってしまいました。

私の場合のうつ病の症状、早めの受診を!

とは言ったものの、早い段階で退職を決めたこともあり、症状はに軽く済んだだと思います。

退職し個人事業主を目指す(なう)

家族には迷惑をかけますが、妻が非常に私を支えてくれており、今現在私はフリーランスというポジションを目指しています。

このブログと他に個人事業主(または社長)としてやっていけるよう勉強をして行っております。

まだまだ未熟ではありますが、妻や周りの方々の支えがあり、背水の陣で今を生きています。

とにかく今は勉強に全力で向き合っています。

まだ鬱病の症状が完治していないということもあり、頑張りすぎると次の日には体が動かなかったりということもありますが、今私ができる中の最速で頑張っていこうと思います。

いわゆるマイペースです。

頑張りすぎて体を壊してしまうと元も子もありませんので、家族を支えていけるよう頑張っていこうと思います。

とりあえずの目標としては、2018年に、なんらかの結果をだす!

 

 

今後ともけちーんをよろしくお願いします。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

したらね。

けちーんのツイッター