【体験記】北九州市の平尾台にある千仏鍾乳洞について教えます!

平尾台の千仏鍾乳洞歴2回のけちーん(@k_suke5110)です。

1回目は妻(結婚前)と行き、2回目は家族で行きました。

 

平尾台にある千仏鍾乳洞は、国の天然記念物にも指定されている鍾乳洞です。

それだけあって、結構楽しく探検?できました。

 

そんな鍾乳洞のポイントや服装、気になる点をお伝えしていきます。

 

千仏鍾乳洞での服装

 

多くの方は夏場に行くと思います。

ですので、半ズボンやスカート、またはまくれるものを履いていってください。

上はTシャツなど、普通の格好で問題ありません。

鍾乳洞の中は非常に涼しいですが、私の体感的に寒すぎるということはありませんでした。

 

 

靴に関しては、濡れるのでサンダルを履きましょう。

もしサンダルを忘れた場合は無料貸し出しもあります。

こんな感じでたくさんあります。

こういったものが気になるかたは、ご自分のサンダルをご持参ください。

 

 

子どもの服装ですが、下は水着を着せていきました。

水着はもちろん、上に着ているTシャツも結構濡れましたので着替えは必須です。

ちなみに5歳と3歳の男の子です。

 

駐車場はたくさんある

 

カーナビに

「北九州市小倉南区平尾台3丁目2番1号」

この住所を入れてブ~ンと行くと、100%駐車場を発見できます。

駐車場の写真を撮り忘れるという失態をしてしまい写真がないのですが、絶対わかるので安心してください。

停車位置の白線が雑な駐車場が見えてきたら、それが千仏鍾乳洞の駐車場です。

 

大人料金は800円

 

若干ボケた写真で申し訳ないのですが、料金はこうなっています。

 

大人 800円
高校生 600円
中学生 500円
小学生 400円

 

国に指定されている天然記念物なので、妥当な値段かな?

 

貴重品はロッカーがある

 

財布や鍵などは預けることができます。

有料のコインロッカーです。

料金は確認し忘れました(;・∀・)

100円ですかね・・・?

 

 

とにかく有料のロッカーがあります!

 

千仏鍾乳洞はこんな場所

 

では実際に、鍾乳洞を写真とともに入り口から奥まで案内していきます。

とはいえ、ご自身で見ていただくのが一番ですので、簡単な紹介です。

 

 

まずは入り口。

なかなか雰囲気が出てますね。

中に入るとこんな感じです。

かなり洞窟感があり、好きなひとはすごく好きな雰囲気ですよね。

半分くらいはこんな感じの道が続きます。

この間は基本的に序章です。

千仏鍾乳洞の醍醐味はこのあとに出てきます。

 

 

↓ここからが本番です↓

この下り階段が出てくると下は水があります。

流れのあるところだと下の地面が、白っぽくなります。

自然の力ですね~。

↑こんな感じ↑

 

半分普通の洞窟、半分水の洞窟。

こんな感じの鍾乳洞です。

 

 

ちなみにですが、鍾乳洞の中は非常に涼しく、夏場でもかなり快適です。

そのせいか、水はかなり冷たいです。

私がそうなのですが、冷たいのがあまり得意でない方にとっては、まるで修行のようです。

 

「いや、これ引き返さないと足やばくね?」

 

って気分になりますw

でも安心してください。

 

慣れます!!

 

なんか精神論的な感じですが、ほんとに慣れてきます。

なぜ慣れてくるのか詳しいことはわからないので、生物が得意な友達に聞いてみてください・・・。

でも水に入って5分くらいは修行ですので、ご注意を。

 

 

そして入り口から約900m進んだところで進めなくなります。

これがぶら下がっていますので、これが見えたら折り返しましょう。

往復すると、概ね40分程度かかります。

 

小さな子ども連れでの探検は少し大変かも?

 

私が感じたこととして、子どもと一緒に千仏鍾乳洞に行く場合、自分でしっかり歩けない子どもを連れていくのは厳しいと思います。

道が非常に狭いところが多々あり、抱っこのまま通るには少々厳しいです。

3歳の息子が、水に慣れるまでの非常に冷たく感じる時間に、冷たすぎるとダダをこねたたので少しだけ抱っこをして歩きましたが、大変でした。

5歳の息子は終始楽しそうにしてましたが、3歳半の息子は初めの水の冷たさに慣れるまでの間は少々大変でした。

子どもによって個人差はあると思いますが、我が家の息子はこんな感じでした。

 

平尾台千仏鍾乳洞のまとめ

 

カップルや、ある程度子どもが成長した家族にはおすすめです。

私も楽しく探検できました。

8月の日曜日は非常に人が多いらしいので、可能であれば8月の日曜日以外の日に遊びに行くことをおすすめします。

鍾乳洞の中は場所によっては狭く、人とすれ違うのも大変なので。

鍾乳洞で遊んだあとは、近くに「平尾台 自然の郷」という広い遊び場もあるので、平尾台は半日から1日遊べるスポットです。

 

 

暑い夏に涼しい場所で遊びたい!

という方にとっては非常に良い場所です。

普段とは違う、洞窟探検の感覚を味わえます。

ぜひ一度、足を運んでみてください。

 

平尾台千仏鍾乳洞HP: http://www.senbutsu-cave.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です