【体験記】山口県の秋芳洞、駐車場や服装、感想などをお伝えします

山口県で家族旅行を堪能したけちーんです。

時期としては6月下旬に行きました。

梅雨時期でしたので、雨が降っても多少は問題ないだろうということで秋吉台に行きました。

秋芳洞は天候・季節に左右されない観光スポットです。

なぜなら秋芳洞は、洞窟内なので天候がなんだろうと関係ないということと、洞窟内は年中20℃弱になっていますので夏は涼しいく冬はあたたかいです。

なので年中楽しめるおすすめスポットです。

では駐車場や服装など、色々な面をお伝えしていきます。

駐車場は周辺にたくさんある

まずはこの画像を見てください。

「この辺りP」

という部分には何ケ所か駐車場があります。

めっちゃ客引き?してますので、すぐわかりますw

車で近づくと「ここ!ここ!!」って感じで誘導されますので、「ん?ここに停めなきゃいけないのかな?」と思いつつ停めることにはなりますが、なかなか停められないということはないです。

そこに車を停めたら徒歩エリアを歩いていって、秋芳洞の入り口に到着です!

 

私が停めたところの駐車場料金は500円でした。

おそらくどこの駐車場もこの程度だと思います。

お店をしているところの駐車場だったため、500円以上の買い物で駐車場は無料になりました。

服装はそんなに気にしなくても大丈夫

洞窟内は年中20℃弱に自然と保たれています。

夏場は涼しいですし、冬場は暖かいです。

冬場はいったことがないので言い切ることはできませんが、羽織っている上着を脱げば問題ないと思います。

夏場はひとによっては肌寒く感じるかもしれませんので、薄めの羽織ものを一枚持って行っておく方がいいかもしれません。

足元は少し濡れてはいますが、サンダルでも大丈夫ですし、スニーカーでも大丈夫です。

私はサンダルで、妻はスニーカーでしたが、お互いとくに問題はありませんでした。

しかし、途中で壁を登れる(冒険コース)ところがありますので、興味がある方はスニーカーで行けば間違いありません

時間や料金について

秋芳洞の中は結構長いです。

家族4人(夫婦、5歳、3歳)で行って、上の写真の入り口からこの入り口まで戻る往復で1時間ほどかかりました。

混んでいたり、ゆっくり歩いていけばもう少し掛かると思います。

奥の出口まで行くとバスが出ており、元の場所まで送ってくれるサービスもありましたが、わたしたちは折り返して歩いて帰りました。

料金は大人1,200円、中学生950円、小学生600円です。

洞窟入るだけで高いな、と思ったのは内緒ですが、観光スポットと考えれば妥当ですかね。

まとめ

観光シーズンは夏です。

肌寒いくらいに涼しくなります。

とはいえ、夏以外の時期にも観光客のいるスポットです。

夏場に限らず、行きたい!と思ったときが観光シーズンです!!

人も少なくオススメです。

団体客とタイミングが合わなければ、全然進めないということはないと思います。

ぜひ一度足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です