工務店とハウスメーカーの違いを解説!わかりやすく簡単に!

家探しをしている際に、工務店やハウスメーカーというワードはよくお聞きになるかと思います。

何が違うのかはよくわかりませんよね?

とはいっても違いはあります。

しかし明確な線引きがないのも事実です。

この記事では工務店とハウスメーカーの基本的な違いをお伝えしていきます。

工務店とハウスメーカーの違いを表で比較

下記の表はあくまで目安ですので、絶対こうなるというものではありませんので、ご了承ください。

工務店 ハウスメーカー
工期 ハウスメーカーに比べ長い 工務店より1ヶ月ほど短い
価格 やや安い やや高い
事業規模 地場でやっている工務店が多い 全国展開しており、非常に幅広いエリアで営業している
設計の自由度 比較的自由に設計を行うことができる ある程度決められたものから組み合わせて設計していく
作業品質 地場で営業しているため、口コミ命のため低品質なものは少なくなりやすい 下請けに任せて施工するため、工務店に比べ品質が落ちる可能性が若干ある

では、それぞれの項目について見ていきましょう。

工期

ハウスメーカーは「設計の自由度」でも触れたように、ある程度決まった組み合わせから家を作りますので、極端に言うとプラモデルを組み立てていくイメージです。

それに対して工務店は、プラモデルのパーツから作っていき、それを組み立てていきます。

そのため工務店に比べてハウスメーカーの方が工期が長くなります。

価格

こちらはハウスメーカーが高くなりがちです。

なぜかというと、ハウスメーカーは工務店に比べ「広告費」を多く使っているためです。

家本体は、ハウスメーカーの方がある程度決まった設計から作るため、安価であることが多いですが、CMなど幅広い広告を行っているため、それが販売価格に乗っかりますので価格が高くなります。

事業規模

ハウスメーカーは全国展開しているのに対し、工務店は地場の企業であることが多いです。

それに併せて、ハウスメーカーは広告にも力を入れて知名度が高いですが、工務店は広告はそこまで行っておらず知名度はそこまで高くありません。

設計の自由度

ハウスメーカーは全国規模でしている分、発注件数っも多いです。

その分、1件1件の打ち合わせに時間を使えません。

なので自由度が工務店に比べると低くなりがちです。

とは言っても全然希望通りにならないということはありませんので、安心してください。

作業品質

最初に言っておくと、どちらも低いということはありません。

しかし、工務店の場合は口コミ命になるところありますので、欠陥住宅を出した際の影響はハウスメーカーよりも大きくなりがちです。

そのため、品質チェックは厳しくなります。

もちろんハウスメーカーの品質が低いわけではありません。

結局どっちがいいのか?

これには明確な答えはありません。

どこにしようかある程度絞れて来たら、プラン出しをお願いすると良いかもしれません。

それを見て、どこが一番自分の理想に近い家を作れるか判断してください。

ただし、100点満点の家というのは中々ありません。

ある程度妥協する点というのも必要になりケースは出てくると思います。

どにかくリサーチして、良い会社探しをしてください。

したらね




家づくりで損しないために【持ち家計画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です