【どうぶつしょうぎ】大人もこどもも楽しめる、ルールや対象年齢

こんにちは、けちーんです。

藤井総太4段の活躍で一時期、将棋ブームがきてましたね。

わたしも将棋が好きです。

実力はお察しですが・・・。

「うちもこどもに将棋させたいな」

「将棋ってどうなんだろう」

というようなことを思ったかたも少なくないのでは?と思います。

しかし将棋は奥が深く、親がやったことなかったら教えるのも大変です。

ですのでまずは入門編として「どうぶつしょうぎ」をはじめてみてはいかがでしょうか?

4、5歳から始められます。

幻冬舎エデュケーション
¥4,980 (2018/08/16 18:02:51時点 Amazon調べ-詳細)

どうぶつしょうぎのルール

3×4マスの中で戦います。

駒はライオン、ゾウ、キリン、ヒヨコの4つをそれぞれ1コマずつです。

これが初期配置です。

キリンとゾウの配置がわからなくなる方が多いと思います。

キリンとゾウがライオンを見るような配置

こう覚えておけば間違えないと思います。

勝敗の決まり方は、相手のライオンをとる(キャッチ)ライオンが相手の一番奥までいく(トライ)ことで勝ちです。

将棋がまったくわからない方に向けて細かいルールもお伝えしておきます。

  • 先行と後攻を決め、先行から始める
  • コマをひとつ動かしたら、相手の番
  • 相手のコマを取ると自分の持ちコマになる
  • 持ちコマはいつでも使える(自分の順番の時)
  • 持ちコマを使ったら(置いたら)、自分の番は終わり
  • 自分のコマは取れない

簡単ですが、こんな感じです。

どうぶつしょうぎのルールは難しくないので、やっていればすぐに覚えられると思います。

コマの動きを覚えよう

それぞれのコマの動きを見てみましょう。

すべてのコマは縦、横、斜め、いずれかの方向に1マスだけ動けます。

コマの動きは覚えなくても、それぞれのコマに赤丸がついているので、それでも確認ができます。

ライオンの動き

ライオンはどこにでも動ける最強キャラです。

しかし、こいつを取られれば即敗北となります。

キリンの動き

キリンは縦と横にうごけるコマです。

ゾウの動き

ゾウは斜めに動けるコマです。

ヒヨコの動き

ヒヨコは前にしか進めないコマです。

しかし、相手陣地の一番奥にいくとニワトリに成長します。

ニワトリの動き

突然強キャラになります。

ヒヨコで一番奥まで行ったら、ドヤ顔でヒヨコのコマを裏返しましょう。

こいつがいます(笑)

※相手のニワトリを取っても、持ちコマとして使えるのはヒヨコからです。



どうぶつしょうぎの魅力

将棋を知らない人でも楽しめます。

将棋ほど実力差もでないので、何回かしているうちにかなり成長します。

私も将棋最弱の妻と何回かしているうちに、たまに負けるようになりました(;’∀’)

しかもちょっとした戦略もあるので、結構熱くなれます。

燃えます。メラメラと。

4歳の息子とやりますが、まだまだ弱いです。

でも動きは理解して、少しずつレベルアップしていきます。

たまにズルもしますが、絶対に許しません!!

大人の厳しさも教えてます(笑)

それとこどもにとってプラスだと思うことが挨拶です。

対局をはじめるときに「よろしくおねがいします」

対局が終わったら「ありがとうございました」

これを必ず言います。

ルール的に。

将棋でもかならずしていることですが、普段の生活でこのやりとりをすることは中々ないと思います。

ですので、こういった挨拶をさせるということも一つのメリットだと思っています。

礼儀を覚える!

大げさに言うとこれです。

幻冬舎エデュケーション
¥4,980 (2018/08/16 18:02:51時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

どうぶつしょうぎについて紹介しました。

いかがでしたか?

将棋の入門編としてもいいですし、大人がちょっとした遊びでするのにも使えます。

ネックはちょっと高いことくらいです(;’∀’)

3,000円ちょっとします・・・。

でも長くつかえるので、コスパ的には安いです・・・?

安いです!!

こどもとの思い出、プライスレス。

ぜひどうぶつしょうぎで、藤井総太2号を育てましょう!

したらね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です