中々寝ない子どもを寝かしつける本





こんにちは、けちーんです。

子どもって中々寝ないですよね。

うちの子も寝ません(T_T)

そんなとき、みなさんはどうしてますか?

今回はおすすめの本、「おやすみ、ロジャー」を紹介します。

おやすみ、ロジャー

中々眠りにつけない、ロジャーという小さなウサギの話です。

ロジャーが眠りにつくために、その界隈で有名な(誰でも眠りにつかせることができる)「あくびおじさん」のもとへ行きます。

その途中に「ウトウトフクロウ」というフクロウにも出会い、体の力を抜く「自立訓練法」というものや、眠くなる心理学的な仕掛けがふんだんに使われています。

眠りたくても眠れないうさぎのロジャーが、だれでも眠らせてくれる「あくびおじさん」のもとを訪ねる。このシンプルなストーリーのなかに、 眠くなる心理学的な仕掛けが満載。「もっともっと」「ゆっくりゆっくり」など、眠りたい気持ちになる言葉が効果的に繰り返されます。
また、途中で登場する「ウトウトフクロウ」が、教えてくれる体の力を抜くメソッドは、 「自律訓練法」と呼ばれ、医療の現場でも使われている方法です。 このユニークさに、最初に刊行されたスウェーデンでは、本というより、ノーベル賞ものの「発明」 という賞賛の声も寄せられています。

引用:『おやすみ、ロジャー』

読み聞かせを行うなかで、子どもたちがその技術で術中にはまり、眠りに落ちます。

そういう本です!(笑)

【注意!】車を運転している人のそばで絶対に音読しないこと。

とも書いてあります(笑)

それくらい効果のある本です。

※個人差はあると思います。

個人的なデメリット

あくまで個人の感想ですが、読むのが面倒です(笑)

結構長いです。

私は子どもと戦いごっこをするのは好きですが、絵本を読んであげるのはあんまり好きじゃないんです(汗)

そういう人はきっと、読んであげることがストレスです。

繰り返しですが、結構長いです。

そんな人のためにCDもあります!

ポチッとするだけで寝てくれるので、個人的にはこちらがおすすめです。

まとめ

子どもが中々寝付かず困っている方がいたら、一度手にとってみるといいと思います。

個人差がありますので、必ずしも寝るとは限りませんので、そのときはメルカリで売りましょう(笑)

とにかく世界的に売れている本ですので、実力はピカイチです。

おやすみ、ロジャーで子どもと一緒に眠りに落ちましょう!

したらね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です