排水口などのそうじに便利なプチ情報





こんにちは、けちーんです。

みなさん掃除してますか?

私は掃除が苦手です(汗)

片付けも苦手です(大汗)

めんどくさがり屋ってやつです。

しかも、妻も。

子どもには偉そうに「片付けなさい!」って言ってますが(笑)

すいません、話がそれましたね。

そんなめんどくさがり屋の私が掃除にしているときの一工夫を紹介しようと思います。

排水口などの汚れにて

シチュエーションとしては、排水口や素手では触りたくないものを掃除するときにしています。

まず使っているのはこちらです!

薄いゴム手袋です。(新品の写真じゃなくてすみません^^;)

薄いゴム手袋であれば、画像のものじゃなくても大丈夫です。

薄いゴム手袋の使用法

では流れを説明します。

まずはゴム手袋をはきます(北海道では手袋をはく、といいます(笑))

準備完了!掃除開始!

(それでは掃除を始めます)

ゴミを発見!

(まず排水口などゴミのあるところへ行きます)

ゴミを確保!

(髪の毛などまとめて掴みます)

手袋をひっくり返すぜ!

(掴んだら手袋を根本から裏返していきます)

ドンドン行くぜ!

(さらに裏返します)

ミッションコンプリート!

(そのまま裏返したら完了です)

そのままゴミを捨てられる

流れとしてはこんな感じです(はしゃぎました、すみません)。

ゴム手袋をはめたら、ゴミを取って裏返す。

ただそれだけですが、ゴム手袋がそのままゴミ袋になるのであとは捨てるだけです。

そのままゴミ袋になるという点が、一番大きいメリットだと思います。



まとめ

いたってシンプルな方法ですが、結構便利な手段です。

手袋自体は、そこまで金額の高いものではありませんし、普通の掃除のときにも使えます。

私と違って、そうじが好き、そうじが得意、という方にとっても役立つ方法ですので、一度お試しください。

それとそうじが好きになる方法があれば教えてください(笑)

 

したらね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です