我が家がなぜ、ウォーターサーバーを導入したのか





こんにちは、けちーんです。

ウォーターサーバー使っていますか。

ウォーターサーバーとは各メーカーによりますが、富士山の水や阿蘇山の水などをボトルに詰めます。

それをサーバーを利用して、冷水とお湯で飲むことができます。

一度サーバーを導入してからは、定期的に届くボトルをセットして使用していきます。

飲む量にあわせて、本数の調整もできますので、家庭ごとにちょうどいい量を探してみてください。

それでは細かい説明をしていこうと思います。

導入のきっかけ

こどものミルク

我が家で導入を決めたのは、長男が産まれてからでした。

通常ウォーターサーバーは、冷水とお湯を出すことができます。

ですので、すぐにミルクを作ることができると思ったからです。

しかし、これに関しては2つの理由からあまり役に立ちませんでした。

1.ほぼ母乳だった

我が家の場合ほぼ母乳でしてので、ミルクを作って飲ませる機会が少なかったのです。

そうは言ってもまったくなかったわけではありませんでしたが、もう一つの理由がありました。

2.出るお湯がアツアツで赤ちゃんには熱すぎる

よくよく考えれば当然なのですが、お湯をそのままですと赤ちゃんにとってはかなり熱いです。

冷ますのに時間がかかり、効果的ではありませんでした。

しかし、ウォーターサーバーは冷水も出るため、温度調整はできますので分量のコツがつかめれば、難なく使えると思います。

お湯を沸かす必要がない

お湯のボタンを押せばすぐにお湯がでます。

これにものすごく魅力を感じました。

冬場はよく、ホットコーヒーやコーンポタージュなどを飲む我が家にとって、効果抜群でした。

タイムロスなく飲みたいときに飲めます。

しかも各メーカーにもよりますが、約80〜90℃のお湯がでるため、ヤカン等で沸騰させるよりも少し低い温度で出るので、よりすぐに飲みやすいです。

焼酎のお湯割を飲む方なんかにもすごくおすすめです。

冷水が出る

ウォーターサーバーから出る水は、蛇口をひねって出す水に比べて冷たいです。

冷蔵庫から出した水と同等の冷たさですので、これは夏場に大活躍です。

暑い時期なんかは特に水がおいしく、冬場に比べて水の消費が多いのが難点です(笑)

使ってみた感想

すごく良かったです。

キッチンの蛇口より低い位置に、吐水口があることがほとんどですので、こどもでも簡単に出せます。

こどもが自主的に行動するようになりました。

チャイルドロック機能もついていますので、お湯での火傷が心配な方も安心して使えます。

夏場は冷たい水で気分爽快。冬場はお湯でポッカポカ。

空のペットボトルも潰して捨てるだけですので、簡単です。

まとめ

ウォーターサーバーがあれば、水を飲む機会も増え健康にもよいです。

一度導入してしまえば、定期的にペットボトルが届きます。

ぜひ導入してみてください。

おいしい水を飲んで、健康な体になりましょう!

したらね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です