食洗機を使ったら、時短かつ洗浄力アップで家事ラクラク





こんにちは、けちーんです。

みなさん食洗機は使っていますか?

・「ちゃんと洗えてるの?」

・「電気代が・・・」

などといった不安がある方も多いかと思います。

そんな食洗機を、メリットとデメリットを踏まえながらおすすめしていきます。

 

食洗機のメリット

1.家事効率アップ

2.節水

3.清潔

4.手荒れしない

1.家事効率アップ

これは言わずもがな、家事効率アップ

食洗機を使っているみなさんは、ここがメインのメリットとして購入しているかと思います。

食事が終わって食器を下げるときに、軽く食器をすすぐ程度しておけば、あとは食洗機にいれていくだけ。

手洗いの感覚だと「かなり多いなぁ」という量も、食洗機に入れていけばすぐに終わります。

手洗いだと、洗ってすすぐまでは、シンクに食器が残りつづけてジャマになってきますが、食洗機にいれる場合だと、手に取った食器から順にシンクが片付いていくので楽ちんです。

2.節水

案外知らない方も多いですが、食洗機は手洗いよりもかなり使う水の量が少ないです。

手洗いだと水が出しっぱなしになっているケースが多いと思います。

そのあいだに、かなりの水を消費しています。

食洗機は一定の量しか水を使いません。

量にもよりますが、6人分の食器だと約1/7程度※で済みます。

※パナソニックのHPより

水洗い84L使用、食洗機11L使用

3.清潔

食洗機で洗うとき、高温のお湯で洗浄します。

ですので殺菌効果があり清潔に洗うことができます。

乾燥機能もついており、洗ったあとの水分のついた状態で放置することもないので、カビなどの心配がない点も嬉しいところです。

4.手荒れしない

お湯や洗剤に長い時間ふれることで手荒れが発生し、悩まされる方もいるかと思います。

食洗機はそもそも、お湯や洗剤に触れる作業は機械がしてくれます。

ですので、食器洗による手荒れの心配はまったくありません。

 

食洗機のデメリット

1.設置スペースが必要

2.水道工事が必要

3.音がうるさい

1.設置スペースが必要

食洗機を持っていないほとんどの方は、置き方の食洗機を購入することになると思います。

それが結構なサイズですので、置くスペースを確保する必要があります。

我が家では、流し台にドンと置いています。

作業スペースは別に確保しなければいけませんが、シンク横に設置できるので、食洗機の使用効率はとても良いです。

流し台に置けそうにない場合は、メタルラックなど、キャスター付きの台に乗せて使うと良いと思います。

2.水道工事が必要

そこまで難しい作業ではありませんが、慣れていない方がやるには中々たいへんな作業になると思います。

自分でやってみようと思う方は、家の水道に水栓の型番(アルファベットとか数字とかーが書いているの)があると思いますので、ネットで検索すれば出て来ると思います。

家電量販店などで購入すれば、そのまま工事をしてくれますが、とうぜん工事料が発生します。

(5,000円前後くらいかな?)

こういった面倒事が発生しますが、一回限りなので頑張りましょう!

3.音がうるさい

これは個人差があると思いますが、それなりには音がします。

しかし、最近では静かな機種も増えており、静かな機種はかなり静かになっています。

我が家の食洗機はそこまで静かな機種ではありませんが、普段自分たちの生活音もしているなかでは、「うるさいなぁ」と思ったことは一度もありません。

ですので、そこまで気にならないと思う方はわざわざ静かなタイプを選ぶ必要はないと思いますが、気になると思う方は静音のタイプの購入をおすすめします。

まとめ

我が家では、必須の家電アイテムになっている食洗機。

決して安いものではないですが、一度買えば食器洗の時間を他のことに使うことができ、かなり有意義な時間が増えます。

もちろんストレスも減りますので、ぜひこの機会に購入をご検討してみてください。

したらね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です